メインコンテンツにスキップ
グルメ向け大田区食べ歩きガイド

グルメ向け大田区食べ歩きガイド

日本は美食家にとってのパラダイスで、高品質の食材を重視し、伝統的な「和食」と革新的な料理の両方に力を注いでいます。日本全国津々浦々に他とは異なる名産品や食品があり、各地で競い合っています。東京自体は単一的に見えるかもしれませんが、東京の南東部にある大田区には、個性的な食の楽しみがいろいろあります。以下のガイドを参考に、大田区の美食を味わい尽くしましょう!

スタート地点: 大田市場

大田市場
大田市場

食いしん坊なら誰しも、大田市場で一日を始めたいと願うでしょう。東京の築地市場に似ていますが、大田市場は築地より規模が大きく、朝の野菜や魚のせりの様子を見ることができます。場内には日本最大の花き市場もあります。市場近くに立ち並ぶ露店では、新鮮な寿司の朝食が楽しめます。

もっと見る:大田市場

電車

大森 海苔のふるさと館

大森 海苔のふるさと館
大森 海苔のふるさと館

かつて大田区はその沿線の海で養殖される海苔の主要な産地でした。現在、その遺産は大森海苔のふるさと館に所蔵されており、海苔の基本的な食品の製造について学び、また、体験教室に参加することもできます (要予約)。近くにある、かつては歴史上の東海道の一部であった美原商店街は現在でも海苔や他の関連製品を販売するお店が多数あります。

もっと見る:大森 海苔のふるさと館

電車

多摩川

多摩川
多摩川

大田区の西にある田園調布に向かいます。御鮓所醍醐では独自の羽田巻と呼ばれる、羽田沖の近海で上がった地元のあなご (海のうなぎ) で作った巻き寿司で観光客を魅了しています。早春には綿菓子のようなピンク色の花を咲かせる桜並木の多摩川沿いを歩けば、最高の腹ごなしになり、お腹も空いてくるでしょう!

もっと見る:多摩川

電車

池上本門寺

池上本門寺
池上本門寺

池上本門寺の静かな境内は都会の喧騒を完全に忘れさせてくれますが、空腹の方はその敷地の南端の門前町の甘味処に足が向いてしまいます。ここで味わえるのがくず餅呼ばれるくずと片栗粉で作られている伝統的な和菓子です。きな粉 (大豆の粉) か黒蜜 (黒砂糖の蜜) を付けると最高です。浅野屋、池田屋ならびに相模屋の3店は、江戸時代より、参拝者や観光客にその伝統的な和菓子を提供しています。

もっと見る:池上本門寺

電車

蒲田 夜のにぎわい

蒲田 夜のにぎわい
蒲田 夜のにぎわい

蒲田は大田区の中心であり、2つの主要な駅と複数のアーケード型の商店街があります。裏路地には多くの美味しい飲食店がありますが、あさりや海苔等の大田区の地場の素材を使用した東京大田汐焼きそばを提供するお店を是非探してみてください。

もっと見る:蒲田 夜のにぎわい

電車

中国家庭料理ニーハオ 別館

中国家庭料理ニーハオ 別館
中国家庭料理ニーハオ 別館

蒲田は典型的な居酒屋巡りに最適の場所です。蒲田では多くの店が地元の名物である羽根付き餃子を提供しています。毎日この地域で製造される新鮮なこの餃子は、大田区のグルメツアーを締めくくるには最高のローカルフードです。

もっと見る:中国家庭料理ニーハオ 別館

地図