メインコンテンツにスキップ
美食家向けの大田区の歩き方

美食家向けの大田区の歩き方

日本は美食家の方にとっての楽園であり、良質な素材や和食の伝統ならびに料理の技術革新への取組に重きが置かれています。あらゆる地域や個別の都市単位において、国内の他のいずれの場所とも異なる特別な商品または食品を誇っています。東京自体は単一的に見えるかもしれませんが、東京南東部の大田区の街は独特な食の楽しみがあり、旅行者を満足されてくれます。大田区で味わえる最高の味を求めて、以下の旅程を見てみましょう!

タート地点: 大田市場

大田市場
大田市場

熱心な食通ならだれでも、1日を大田市場から始めたいと考えるでしょう。東京の中心にある築地市場と並び有名な大田市場は規模では劣りますが、一般客が野菜や魚介類の朝市が行われるのを観察することができます。場内には花き市場もありますが、これは日本 で最大と思われます。市場付近の多数の露店では、新鮮な寿司の朝食が提供されています。

もっと見る: 大田市場

大森 海苔のふるさと館

大森 海苔のふるさと館
大森 海苔のふるさと館

かつて大田区はその沿線の海で養殖される海苔 (乾燥した海草) の主要な産地でした。現在、その遺産は大森海苔のふるさと館に所蔵されており、訪問者はこの日本食の基本的な食品の製造について学び、また、体験教室に参加することもできます (要予約)。近くにある、かつては歴史上の東海道の一部であった美原商店街は現在でも海苔や他の関連製品を販売する施設が多数あります。

もっと見る: 大森 海苔のふるさと館

多摩川

多摩川
多摩川

大田区の西にある田園調布に向かいます。御鮓所醍醐 (「寿司を出す店」という意味です) がその店独自の羽田巻と呼ばれる、羽田沖の近海で上がった地元のあなご (海のうなぎ) で作った巻き寿司で観光客を魅了しています。早春には綿菓子のようなピンク色の花を咲かせる桜並木の多摩川沿いを歩けば、最高の腹ごなしになり、お腹も空いてくるでしょう!

もっと見る: 多摩川

池上本門寺

池上本門寺
池上本門寺

池上本門寺の静かな境内は喧騒を完全に忘れさせてくれますが、空腹の旅行者はその敷地の南端の門前町の甘味処に足が向いてしまいます。ここで味わえるのがとくず餅呼ばれるくずと片栗粉で作られている伝統的な和菓子です。きな粉 (大豆の粉) か黒蜜 (黒砂糖の蜜) を付けると最高です。浅野屋、池田屋ならびに相模屋の3店は、江戸時代より、参拝者や観光客にその伝統的な和菓子を提供しています。

もっと見る: 池上本門寺

蒲田 夜のにぎわい

蒲田 夜のにぎわい
蒲田 夜のにぎわい

蒲田は大田区の中心であり、2つの主要な駅と複数のアーケード型の商店街があります。裏路地には多くの美味しい飲食店がありますが、食通はあさりや海苔 (乾燥した海草) 等の大田区の地場の素材を中心に使用して炒め合わせた麺料理である、塩焼きそばを提供する30超の店から1店を選びます。寳華園は特に印象的で、料理人が客の目の前で調理を行います。

もっと見る: 蒲田 夜のにぎわい

中国家庭料理ニーハオ 別館

中国家庭料理ニーハオ 別館
中国家庭料理ニーハオ 別館

焼きそばの後にまだお腹に余裕がある場合、旅行者にとって蒲田は典型的な居酒屋 (日本の酒場) 巡りの最高の場所になります。これらの集いの場では、ビール、酒、枝豆のような基本的な料理が提供されるのに加えて、多くの店がその地域で有名な羽根付き餃子を出しています。毎日付近で製造される新鮮なこの餃子は、食を重視した、東京最大の区の探索を締めくくるには最高のローカルフードです。

もっと見る: 中国家庭料理ニーハオ 別館

Map