メインコンテンツにスキップ

山王草堂記念館

徳富蘇峰は日本最初の総合雑誌「国民之友」を発行、続いて「国民新聞」を創刊した人物です。蘇峰の代表作である『近世日本国民史』は、1918年56歳のときに着手され、1952年90歳にして完結しました。全100巻のうち半分以上が大森山王時代に書かれたものです。蘇峰は1924年この地に移り住み、1943年熱海伊豆山に移るまでの間、山王草堂と称して暮らしました。山王草堂記念館は、1986年に静岡新聞社から大田区が蘇峰の旧居を譲り受け、1988年4月に開館しました。

詳細情報

入場料 無料
営業時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
定休日 休館日は年末年始(12/29-1/3)・臨時休館日
アクセス

JR京浜東北線「大森」駅西口から徒歩15分