メインコンテンツにスキップ

新田神社

新田神社の歴史は、650年以上前の南北朝時代、日本の朝廷が南北に分かれていた時代まで遡ります。新田義興は知・勇に優れた南朝の武将で、現在の大田区にある矢口の渡で策略により船底に穴をあけられ、窮地に立たされて自刃しました。その後義興公の死に関わったものは雷や火事によって死に、周辺の住民が義興公の御霊を鎮めるべく「新田神社」を建立し、「新田大明神」として崇敬されるようになりました。

現在の新田神社は境内にそびえる樹齢700年の御神木と共に、幸運の神として有名になりました。御神木は数々の火事や、ほかの境内の建物を燃やした1945年の空襲を耐え抜きました。御神木に触れると、「健康」「長寿」などの御利益があると言われています。

神社の裏には竹やぶがあります。江戸時代に平賀源内がこの竹やぶの篠竹を使い、後に破魔矢として知られる矢守を作りました。破魔矢の元祖となったことを記念して、グラフィックデザイナーの浅葉克巳氏による破魔矢のオブジェが社殿の横に作られています。

詳細情報

入場料 無料
アクセス

東急多摩川線「武蔵新田」駅から徒歩数分