メインコンテンツにスキップ
羽田神社

羽田神社

平均所要時間:

羽田空港のすぐ近くに、訪日観光客が最初に日本文化を感じられる場所があります。それが羽田神社です。

羽田神社は約800年前の鎌倉時代に創建され、江戸時代(1603-1868)には徳川家の将軍がお参りにくるほど厚く信仰されていました。現在は多くの航空会社関係者が運航安全、航空安全の祈願に訪れています。羽田神社の絵馬には神社の鳥居の上を飛行機が飛んでいる絵が描かれています。また、旅行安全のお守りを求めるために訪れる人も多くいます。

本殿の近くには、「羽田富士」と呼ばれる高さ5メートルほどの小山があり、その名の通り富士山を模して造られました。明治初期に実際に富士山の火山岩を使って、巡礼者が富士山まで行かなくても、祈願できるように造られました。

毎年7月最終週に行われる夏季例大祭(羽田まつり)には、担ぎ手3000人、見物客3万人が集まる城南随一のお祭りです。漁師町羽田らしく海原に揺れる舟を見立てた「ヨコタ」という独特な担ぎ方は必見です。

詳細情報

アクセス

羽田神社は、京急空港線「大鳥居」駅から徒歩12分の場所に位置しています。