メインコンテンツにスキップ
春に咲く大田区の梅と桜

春に咲く大田区の梅と桜

桜の花が咲き誇る日本の春は世界中を魅了していますが、同じくらい素晴らしい梅の花はあまり語られていません。梅の花は通常二月の後半に咲き、桜の花は三月の後半に咲くので時期の差がありますが、花の形が似ているため違いが分かりにくい事があります。また、タイミングが合えば、二つの花を同時に見ることもできます。

日本の伝統でもある花見の歴史は、奈良時代(710-794)までさかのぼります。今では、花見というと桜の事を示しますが、この伝統はもともと梅の花を見る事から始まりました。梅が公式の花と認定されている大田区では、梅と桜の両方が楽しめる場所がいくつかあります。以下のリストで、大田区の代表的なお花見スポットを紹介していきます。

春に咲く大田区の梅と桜

梅屋敷公園

まずは、梅屋敷公園から見ていきましょう。梅屋敷公園は、明治天皇が頻繁に訪れていた場所でもあり、江戸時代(1603~1868)から毎年梅の木が咲き誇っています。梅屋敷という名前は文字通り「梅の家」を意味し、71本の白い梅、32本の赤い梅が植えられています。この公園の敷地は、19世紀後半から20世紀初頭まで、皇室の別荘としても使用されていました。

梅屋敷公園は、京急本線の梅屋敷駅から徒歩5分で行けます。

池上本門寺

北西3キロの場所に、公園で囲まれた池上本門寺があります。このお寺には400本もの桜の木が植えられており、大田区の中で最も桜の多い公園です。咲き誇る桜の背景には、1608年に建設され、重要文化財に登録されている五重塔が見えます。池上会館の屋上庭園から見渡すと、五重塔と桜が両方見える景色が楽しめます。

池上本門寺は、東急池上線の池上駅から徒歩15分で行けます。

池上本門寺

池上本門寺

池上本門寺の境内は、池上駅から徒歩10分の、大田区の中心にある丘に位置しています。この寺の起源は13世紀末まで遡り、有名な仏教家の日蓮聖人が、地元の大名と忠誠心のある信者の池上宗仲の依頼により、その信仰..

詳細情報: 池上本門寺

池上梅園

池上本門寺の裏を数分間歩くと、30種類の梅が370本にもわたって咲き誇る、池上公園に到着します。もともとこの果樹園は芸術家のアトリエとして使われていたので、斜面を覆う美しい赤と白の花が織りなす絶景が楽しめます。公園内には、二つの伝統的な茶室があり、中で休憩もできますよ。

*池上梅園の営業時間は9:00~16:30(最終入場 16:00)、入場料は大人100円、6才から15才までの小人は20円です。

池上梅園は、都営浅草線の西馬込駅から徒歩10分で行けます。

池上梅園

池上梅園

四季折々の風情を楽しむ、丘陵斜面等を利用した閑静な庭園です。園内には、大田区の花である梅が約370本あり、初春には芳香を放ちながら紅白の花が咲き乱れます。また、園内には清月庵、聴雨庵などあじわい深い数寄屋造りの茶室もあります。

詳細情報: 池上梅園

馬込桜並木道

池上梅園を出発し、東北の方向に10分ほど歩くと、90本咲き誇る桜の木が並ぶ、桜並木公園の馬込並木に到着します。屋台の食べ物を楽しみながら、桜の木が観賞できます。馬込文士村ではタイミングが良ければ、伝統的な踊りが楽しめる桜まつりが開催されているかもしれません。

桜並木公園は、都営浅草線の西馬込駅から徒歩8分で行けます。

春に咲く大田区の梅と桜

洗足池(桜)

一日の締めくくりには、洗足池に立ち寄りましょう。洗足池では、自分だけのボートに乗って足を休ませながら、公園の周りに咲き乱れる250本ほどの桜が観賞できます。

春に咲く大田区の梅と桜

洗足池は、東急池上線の洗足池駅から徒歩2分で行けます。

洗足池

洗足池

洗足池は大田区の北部に位置し、池上駅から電車で6駅のところにあります。この地域は仏僧の日蓮上人が池上寺へ向かう途中で、ここで足を洗ったという言い伝えにちなんで名づけられました。 洗足池はその景色の..

詳細情報: 洗足池

次は