日本への旅行中に大田区を通ることがあったら、蒲田八幡神社を見逃す手はありません。

1600年に建立された蒲田八幡神社は、日本の狐の神である稲荷へ捧げられた建物です。1945年に一部が焼失しましたが、数年後に17世紀の壮麗な建築と変わらぬ元の姿に再建されました。

日本の文化において、たいていの神社には巫女がいます。通常、巫女は赤い袴と白い羽織を身に付けた少女であり、白はその純粋さを表しています。しかし、蒲田八幡神社の巫女は少し変わっています。ここでは小さな羽織を着た2匹の可愛らしいプードルが、参拝客を迎えてくれるのです。プードル達はとても人懐こく、参拝客に可愛がられています。

蒲田八幡神社は1年を通じてそれほど混雑せず、秋や春の書き入れ時でも比較的空いています。特に桜の季節のその美しさは格別です。この季節には東京の主なスポットは常に混み合っていますが、蒲田八幡神社は混雑を避け、真の日本文化を体験するには素晴らしい選択肢となるでしょう。

アクセス

蒲田八幡神社は京急蒲田駅から徒歩2分です。蒲田駅へは、東急多摩川線や東急池上線、京浜東北線でアクセスできます。

詳細情報

  • 大田区蒲田4-18-18