池上本門寺お会式

/, 文化/池上本門寺お会式

池上本門寺お会式

池上本門寺お会式は東京でも有数の壮大なお祭りの1つです。730年の歴史を誇るこの祭りは、日蓮宗の創始者である日蓮の命日に行われます。

日蓮を讃えるお会式は10月中旬に日本全国で行われますが、日蓮が入滅した大田区、池上本門寺で行われるものが日本最大規模のお会式です。

このお祭りの目玉は、日蓮が入滅した10月12日の午後6時に行われる「万灯練り行列」です。桜の花で飾られた行灯の棹を持った人々と、纏と呼ばれる江戸時代の消防士を伴った巨大な山車が笛太鼓に合わせて池上駅から寺の境内まで2キロの道のりを練り歩きます。

毎年300,000人以上の参加者が幻想的な雰囲気を楽しみ、その場に来られない人のために祭りの様子が放送されます。行灯行列を良い席で見るには、早めに席をとることが必須です。

祭りの期間は地元の人が屋台を出して、様々な食べ物や遊びが楽しめます。お馴染みの焼きそば、お好み焼き、たこ焼き、焼き鳥を始め、金魚すくい、くじ引き、占いなどの屋台が出されます。これらの屋台は祭りが行われる3日間楽しむことができ、この賑やかな雰囲気と秋の爽やかな空気の中で家族や友人たちとの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

池上本門寺は都営浅草線の西馬込駅または東急池上線の池上駅から徒歩約15分です。

池上本門寺お会式は毎年10月11日から13日に開催されます。

アクセス

池上本門寺は都営浅草線の西馬込駅または東急池上線の池上駅から徒歩約15分である

詳細情報

  • 〒146-8576 東京都大田区池上1-1-1
  • この祭りは10月11日から13日に毎年開催される。