大田区認定民泊は、国家戦略特別区域において外国人旅客の滞在に適した施設を賃貸借契約に基づき一定期間使用させ、滞在に必要な役務を提供する「国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業」という事業です。大田区は、国家戦略特別区域法の旅館業法の特例を活用し、安全性・衛生面に配慮した滞在施設を整備しています。「大田区国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業に関する条例」の要件を満たした居室については、区長の認定を受けることにより旅館業法の規定が適用されません。

主な認定要件は以下のとおりです。

  • 賃貸借契約及びこれに付随する契約に基づき使用させるものであること。
  • 施設の居室の要件等
    一居室の床面積25平方メートル以上であること。
    出入り口及び窓は、鍵をかけることができるものであること。
    出入り口及び窓を除き、居室と他の居室、廊下等との境は壁造りであること。
    適当な換気、採光、照明、防湿、排水、暖房及び冷房の設備を有すること。
    台所、浴室、便所及び洗面設備を有すること。
    寝具、テーブル、椅子、収納家具、調理のために必要な器具又は設備及び清掃のために必要な器具を有すること。
    施設の使用の開始時に清潔な居室を提供すること。
    施設の使用方法に関する外国語を用いた案内、緊急時における外国語を用いた情報提供その他の外国人旅客の滞在に必要な役務を提供すること。
  • 滞在期間が6泊7日以上であること。

国家戦略特別区域とは

経済社会の構造改革を重点的に推進することにより、産業の国際競争力を強化するとともに、国際的な経済活動の拠点の形成を促進する観点から、国が定めた地域です。東京都全域、神奈川県全域、千葉県千葉市、成田市が東京圏として指定されています