既に日本には、民泊サービスが予約可能なウェブサイト等が多数ありますが、それらで紹介されている居室の中には、無許可営業をしていたり、ホスト側の責任が曖昧であったりするものがあります。大田区は、外国人旅客に安全安心な滞在環境を提供するため、自治体として、初めて民泊サービスに関する条例を施行します。これは、大田区長から外国人旅客の滞在に適した施設として認定されれば、旅館業法の規定が適用されない有料の宿泊施設として利用できるというものです。

大田区認定民泊の特徴は、以下のとおりです

  • 安全・衛生面で外国人旅客の滞在に適した施設として、認定を受けている。
  •  緊急時の対応についても、一定の要件を満たしている。
  • ホスト(事業者)の責任、利用者の責任が明確にされている。

旅行中の滞在先選びは、楽しく快適な旅を実現するために非常に重要です。大田区の安全・安心な大田区認定民泊Ota City certified private lodgingを利用して、思い出に残る日本の旅をしませんか?