ガイドブックには載っていない、大田区ならではのユニークなスポットを散策してみてはいかがでしょうか。ここでは大田区のおすすめスポットを紹介します。大田区は東京で注目されている羽田国際空港からもアクセスが良く探索をするにはぴったりの場所です。

1. 大田区観光情報センター

大田区での旅のスタートは情報収集に最適な観光情報センターはいかがでしょうか。大田区の観光情報センターは、豊富なパンフレットだけでなく、英語対応可能なスタッフも常駐しており旅行者の頼りになる存在です。また、情報収集だけではなく、無料の文化教室(折り紙や伝統的な遊び)、生花やお茶そして着物の着付けなどの伝統文化の体験も可能となっています。(すべてネットで予約可能)

[/fusion_builder_column]

2. 池上本門寺

池上本門寺は東京で長い歴史を持つお寺のひとつで、中には4世紀以上前の建造物もあります。関東で最古の五重塔を拝観し、松濤園櫻で季節の料理を楽しみましょう。冬には、お寺の西側にある庭園の梅が満開を迎え、本門寺周辺が桃色と白色に染まります。

[/fusion_builder_column]

3. 平和の森公園フィールドアスレチックコース

平和の森公園の南側に位置するアスレチック内のロープコースで忍者気分を味わい、壁登りや平均台など様々な障害物で体を動かしましょう。公園の近くには水上アスレチックがあり、小さな水路を桶ボートで巡ることもできます。フィールドアスレチックコースは年齢制限がありますので、未就学児は隣接する幼児アスレチックで遊びましょう。

[/fusion_builder_column]

4. 大森海苔ふるさと館

大森地区は海苔の養殖の発祥の地と言われ古くから海苔生産の重要な役割を担っていました。海苔の養殖の歴史や当時の道具などの文化遺産が大森海苔のふるさと館には保存されています。展示物やジオラマから海苔の養殖で発展していた時代を感じることができます。来館者は海苔作り体験をすることも可能です。(イベントのため不定期開催)

[/fusion_builder_column]

5. 大田市場

築地市場は東京の代表的な市場と言われていますが、規模や観光客への親しみやすさでは大田市場も引けを取りません。早朝の魚のセリを見学したり、果物や野菜のお店を眺めてみたり、花市場でお花をチェックするのも楽しいでしょう。見学者用におすすめの見学ルートも提示されています。また、大田市場の屋上の展望デッキも外せない場所です。天気が良ければ富士山を見ることができます。

[/fusion_builder_column]

6. 昭和のくらし博物館

昭和のくらし博物館は、昭和の時代(1926-1989年)の庶民住居の中の家財道具を当時のまま丸ごと展示している小規模な博物館です。この家の持ち主が手入れを行っており現在でも、20世紀初期の日本の生活を庶民住居から垣間見ることができます。この博物館の展示物の多くは実際に触れたりすることができます。直に触れることで、訪れた人はより具体的に当時の生活を知ることができるでしょう。

[/fusion_builder_column]

7. 邦楽アカデミー

邦楽アカデミーの太鼓(日本のドラム楽器)のレッスンで肩慣らしをしましょう、初心者のクラスに参加し、迫力満点の日本の伝統楽器の基礎を学んだり、アカデミーのプロ講師による上級クラスや個人レッスンで演奏技術を磨いてみたりしてはどうでしょう。授業料とは別にばちの料金がかかります。また、3歳以上の子供であれば参加が可能です。

[/fusion_builder_column]

8. 洗足池

洗足池は大田区の北部に位置し、池上駅から電車で6駅のところにあります。この地域は仏僧の日蓮上人が池上寺へ向かう途中で、ここで足を洗ったという言い伝えにちなんで名づけられました。

[/fusion_builder_column]

9. 多摩川サイクリングロード

大田区から神奈川まで続く川沿いのサイクリングロードでのんびりと景色を楽しみましょう。この道は羽田空港からまっすぐ区外まで伸びた道でサイクリングのために整備された自動車道となっています。春には多くの桜が堤防沿い花開き、特に魅力的なコースとなります。

[/fusion_builder_column]

10. 天然温泉平和島

旅行中の疲れを取り除くためには、平和島天然温泉へ。この施設は東京湾地下から汲み上げた天然温泉水を使用しています。様々な効能のある温泉があり、自分の症状に適した温泉に入ることができます。マッサージやエステでさらに旅行の疲れを癒すのもおすすめです。

[/fusion_builder_column]