大田区は、羽田から世界とつながる国際都市として日本の魅力と世界の魅力を広く発信するため、一昨年より「国際都市おおたフェスティバルin『空の日』羽田」を開催しています。今年は例年以上に国際色豊かな屋台やブースが並び、小さな子供から年配の方まで幅広い層の来場者で賑わっていました。そんな「国際都市おおたフェスティバルin『空の日』羽田」の様子をお伝えします。

会場の入り口では大田区の公式PRキャラクター「はねぴょん」が来場者をお出迎えしていました。今年は「ワクワクドキドキの世界旅行体験」がテーマとなっていて、空港をイメージさせる装飾や約40か国の文化に触れることのできるブース、海外の食文化を楽しむことができるワールドフードコートなどまるで世界旅行をしているような体験ができるイベントとなっていました。

メインステージでは中国の龍踊り、コスタリカ伝統ダンス等、世界各国のダンスやパフォーマンスが繰り広げられ観客を沸かせていました。和太鼓やけん玉パフォーマンスもあり迫力満点の日本の伝統芸能のステージを見ることができました。中でもグランドフィナーレでは大田区出身の3人組グループ歌手である「シクラメン」のLIVEで会場が一つとなり、最高の盛り上がりを見せていました。

メインステージの前にはステージを見ながら飲食を楽しめるようにテーブルが並んでおり、会場内のキッチンカーで買った世界各地の食べ物を片手に、パフォーマンスを楽しむことができました。他にも各国のブースでも食事を購入することができ、スイス産のチーズや世界各地のお酒を飲めるブースも賑わっていました。ブースでは食べ物だけではなく、大人も子供も楽しめるゲームやアクティビティーも用意されており、気軽に楽しめる工夫がされていました。他にも会場では「空フェス コスプレ博」が実施されていて、キャラクター等に扮したコスプレーヤーたちが集まって写真撮影をする等、来場者もイベントを盛り上げていました。

他にも会場内には、羽田空港が日本の玄関口となるまでの変遷、羽田空港の現状と将来像を紹介するエリアもありました。大田区の歴史や周辺の観光スポットの銭湯や飲食店、公園などの地元のスポットの紹介もあり、大田区に関してより深く学ぶこともできました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて羽田空港の利用者数の増加が見込まれていて、外国人観光客がますます大田区に降り立つと思います。地元の来場者も外国人の来場者も、イベントを通してお互いの文化を知り、理解を深めるいいきっかけになると感じました。

URL: https://ota-tokyo.com/ja/国際都市おおたフェスティバルin「空の日」羽田/

アクセス

天空橋駅から徒歩1分 (京急線 / 東京モノレール)

JR大森駅、JR蒲田駅の東口から無料シャトルバス運行

詳細情報

  • 時間:午前10時から午後4時まで