羽田空港国際ターミナルがまさに東京の端にあるというそのロケーションのおかげで、乗り継ぎのお客様は旅行中に日本を味わう多くの機会を得るすることができます。大田区の観光スポットは同空港からすぐにアクセスでき、旅行者は短時間で神社から特別な文化プログラムに至るまでのすべてを楽しむことができます。 

乗り継ぎ時間が4時間の旅行者の場合:

フライト間の乗り継ぎ時間が限られている旅行者の場合は、大田区観光情報センター (TIC) が最適な訪問先です。訪問者は折り紙アートの学習から着物の試着に至るまでの多様な文化プログラムに参加できます。予約はホームページから簡単に行えますが、事前にホームページから予約していただけますと、英語を話せるスタッフが生け花やその他のより深い経験を得られるプログラムも手配いたします。TICではくつろげる快適な空間を提供することも目指しており、日本の文化的伝統を伝える美しい書籍や、無料のWi-Fiもご用意しております。

東京でより長い時間を過ごされる乗り継ぎのお客様にとっては、大田区TICはさらなる探検のための良い出発点になるでしょう。

乗り継ぎ時間が6時間の旅行者の場合:

TICから近くにある羽田神社へ向かいましょう。神社はほぼ1000年の歴史を有し、毎年8月に威勢の良い夏祭りを催します。神社の横にある小さな丘は富士山を模しており、基礎にはこの有名な火山のを使用しています。

空腹に打ち負かされたら、少し歩くと野菜カフェに到着します。気さくなオーナーが相当な量の新鮮なオーガニック料理であなたのおなかを満たしてくれるでしょう。あるいは1、杯のコーヒーや紅茶でくつろぐという選択もできます。

この近辺では、訪問者は穴守稲荷駅を出たところにある商店街を散策することもできます。商店を訪れて、地元の手作りの商品や食品を手に入れてください。目玉は和菓子店磯崎家でしょう。この店の自家製の菓子や伝統的な日本のスイーツは、次のフライトを待つまでの間のおやつとして最適でしょう。

乗り継ぎ時間が8時間の旅行者の場合:

京急蒲田駅にある大田区TICからは、邦楽アカデミーまで歩いても短時間ですし、タクシーを利用することもできます。事前に予約すると、楽しいエネルギッシュな太鼓 (日本のドラム) のレッスンに参加して、汗を流すことができます。

活動後には、蒲田地区のレストランのいずれかで、地元特産の団子である羽根付き餃子でエネルギーを補給してください。

京急蒲田駅に戻り、少し電車に乗って平和島に向かいましょう。この地域での海藻ノリの生産の歴史に焦点を当てる大森 海苔のふるさと館を訪れると素晴らしい経験ができるでしょう。また、近くの大森ふるさとの浜辺公園にある公園と砂浜は、晴れた日にはくつろぐに好ましい場所でしょう。まだチャレンジを望むなら、平和の森公園のロープコースに挑戦してみてください。さまざまな障害物に取り組むなかで、あなたの内なる忍者の魂が呼応するかもしれません。

出発フライトのためにモノレールで流通センター駅から羽田に戻る前に、大田区にある多くの天然温泉の1つである、流通センター駅近くの天然温泉平和島を訪れて、くつろいでみてください。