東京での時間をどう盛り上げるか。ボートレース。大田区には、日本では珍しいボートレース場の1つがあり、水上で競馬のように、6つのボート・グループが一度に競い合います。

大田区のレースは、海水の用水トラックで行われ、ファンには特別観覧席が用意されています。当日は10時頃からレースが始まり、夕方近くにレースが終わります。一般的なイベントでは12回のレースが日中行われますが、時には夕方のイベントも行われます。

一回のレースではレースコースを3周しますが、ボートはこの距離をたったの1分で走らなければいけません!しかし、最初の1秒で、フライングしたり出遅れたボートは欠場となります。レース開始前は緊張や興奮が高まります。ボートレーサーにとって苦難の一つは、彼らがレース当日に抽選によってボートとエンジンを割り当てられる事です。ライダーはエンジンの点火プラグだけしか準備できません。このシステムにより、ライダー達は一度も乗ったことの無いボートを上手く操縦するスキルを持つ事が必要となります。

ボートレースは日本では数少ない合法的な賭博の1つである為、ファンはその結果に非常に熱狂的になります。初めて参加するファンでも、システムが割安で日本語能力無しでも簡単に理解する事ができる為、賭博に参加できます。

平和島施設への入場料は100円ですが、もしあなたがレースマニアでより良い景色を楽しみたい場合、屋内席や指定席を取ることも出来ます。JR大森駅からレース当日発着する無料バス経由で、施設までお越し頂けます。

アクセス

JR大森駅からレース当日発着する無料バス経由で、施設までお越し頂けます。

詳細情報

  • 〒143-0006 東京都大田区平和島1丁目1-1
  • 当日は10時頃からレースが始まります
  • 100円