外出中に地震が発生したら

エレベーターの中

  • すべての階のボタンを押し、最初に停止 した階で降ります。エレベーターに安 全装置がついていれば自動的に最寄り の階に停止します。

  • 閉じ込められた場合は、非常ボタンや インターホンで外部に連絡をして救助 を待ちます。危ないので無理やり脱出 しないように。

住宅街

  • ブロック塀や石壁、門柱から離れます。

  • 切れてたれ下がっている電線にはけっして触れない。

  • 屋根がわらやガラス、看板などが落下する恐れがあります。手荷物などで頭を守りましょう

地下街

  • 地下街には約60mおきに出口がありま す。壁づたいに移動すれば地上に避難 できます。

  • もし火災が発生したら、ハンカチなどで鼻と口を覆い、体を低くして進みましょう。

電車の中

  • 電車はゆれを感じると、自動的に停止します。将棋倒しや網棚からの落下物 に注意し、つり革や手すりにしっかりと つかまりましょう。

  • 勝手に電車の外に出るのは危険です。係員の指示に従って行動しましょう。

車を運転中

  • 急ブレーキは事故の原因になります。ハンドルをしっかり握って徐々にスピードを落とし、道 路の左側に停止してエンジンを切ります。

  • ゆれがおさまるまでは車外には出ないように。

  • 車はできるだけ道路の端に置いて、避難する人や緊急車両の妨げとならないようにしましょう。

*災害対策基本法に基づき、緊急車両の妨げとなる車両に運転者が不在の場合、 警察や道路管理者などが車両を移動します。

緊急地震速報が出されたら

あわてず、まず身の安全を確保 !

大きな地震が予想される場合、「もうすぐ強いゆれがくる」ことを知らせるため、テレビやラジオ、携 帯電話などを通じて緊急地震速報が発表されます。

緊急地震速報から強いゆれがく るまでの時間は、数秒から数十秒 です。この間に、自分の身(特に頭)を守りましょう。

※緊急地震速報は地震波をキャッチして発表されるため、震源に近い地域 では強いゆれに間に合わないことがあります。

命を守る3動作

ドロップ!

姿勢を低くする!

カバー

体・頭を守る!

ホールド・オン!

ゆれが収まるまで じっとしている!