大田区について

大田区は、東京都の東南部にあり、東京湾と東西に流れる多摩川に囲まれた都市です。また、臨海部には、日本の空の玄関口である羽田空港(東京国際空港)があり、「人・もの・情報」の交流の拠点として発展しています。

東京23区で最も広い面積を占める大田区は、世界有数のものづくり企業の集積地であるとともに人情味あふれた商店街や緑豊かな住宅地、アウトドアを楽しめる海辺や川、後援を抱え東京の縮図ともいわれています。高度な技術を持つ企業、匠の技をもつ職人、にぎわいのある商店街、日本の歴史・伝統文化など多彩な魅力を余すことなく体感できます。

  • 世界に誇る日本の技術が集うまち
    高度な技術を有する小規模な企業が集まる大田区。スマートフォンの部品から人工衛星に至るまで、多岐にわたる製品で国際的に高い評価と信頼を集める、世界でも特異な「ものづくりのまち」です。
  • 活気と人情にあふれた素顔の東京に出会えるまち
    大田区には、東京都内では最多の約150の商店街があります。フレンドリーな地元の人とのふれあいを楽しみながら、手ごろな価格の惣菜や果物を購入してみましょう。日本に暮らしている気分が楽しめます。
  • バラエティ豊富な食が楽しめるまち
    大田区には、おいしくて個性的なお店がたくさん集まっています。大田区に1週間以上滞在したとしても、朝昼晩おいしい食を楽しむことができます。
  • 日本の銭湯文化を楽しめるまち
    銭湯の魅力は、大きな浴槽でリラックスできることだけでなく、人とのコミュニケーションを楽しめることにあります。日本人が育んできた独自の生活文化です。大田区には、東京都内最多の45の銭湯があり、しかもその約半数が黒湯と呼ばれる温泉です。色々な銭湯をめぐって、あなたのお気に入りを見つけてみませんか。
  • 懐かしい風景に出会えるまち
    700年以上の歴史を持つ池上本門寺をはじめ、大田区には日本の歴史に登場する様々な史跡が残っています。四季の移り変わりとともに表情を変える水辺の風景、蒲田駅や大森駅周辺の夜のにぎわい、かつての漁師町のおもかげが感じられる羽田のお祭り、日本で最も有名な住宅エリア田園調布の黄色に色づく銀杏並木など、思わずシャッターを切りたくなる風景に出会えます。