かつて日本の大動脈とも言われ、最も重要な道のひとつであったのが旧東海道です。天皇のいる京都と将軍のいる江戸 (現在の東京) を結ぶ515kmに渡る街道でした。現在、旧東海道の大部分を車や電車が走っていますが、大田区では今でもその歴史的な道の一部を歩くことができます。

ミハラ商店街 (または三原通り) には昔の面影が残されており、昔ながらの食堂や伝統的な商品を扱う小さな店が並んでいます。かつて東京最大の海苔栽培地域であった背景のもと、海苔やその他の海草からできた商品を扱う店がいくつかあります。中でも川良海苔店は長い歴史を誇り、海草のふりかけなどの定番商品から、てりやきソース味の海苔などのユニークな商品まで取り扱っています。

甘いものが好きな方は是非大黒屋へ行ってみてはいかがでしょうか。大黒屋では最中から、季節ごとに美しい色、形を見せてくれる和菓子まで、あらゆる日本の伝統的なお菓子を取り扱っています。夏季限定のかき氷も大変人気です。

川良海苔店の屋外シャッターには歌川広重の浮世絵が描かれており、大黒屋やその他の店舗のシャッターにも旧東海道に関連する絵が描かれいるのもの見どころのひとつです。

ミハラ商店街は京急本線の平和島駅から歩いてすぐです。

アクセス

京急線平和島駅から歩いてすぐ

詳細情報

  • 東京大田区平和島ミハラ通り
  • 営業時間は各店により異なります